*iphone アプリ 開発 *ホームページ制作

妊娠中の風邪は怖いですね。風邪・インフルエンザの予防法について、私の経験をまとめてみました。

風邪・インフルエンザの予防法

1) ウイルスは乾燥が大好き!湿度を保ちましょう
ウイルスの感染力が高まるのは冬の乾燥期。
空気の乾燥によって、のどの粘膜の防御機能が低下するため、よけいに風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
この時期は加湿器を活用して、十分な湿度(50~60%が理想的)を保つように心がけましょう。

2) ストレスをためないよう、ゆったりと生活しましょう
ストレスがたまると、免疫力が下がってしまいます。結果、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
イライラしたり、あせったり、怒ったりしないで、気持ちをゆったり持つよう心がけてください。

3) バランスのいい食事で栄養をたっぷりとりましょう
バランスのいい食事とは、ごはんなどの「主食」に「メインのおかず」「サブのおかず」「汁物」。つまり、「一汁二菜」のこと。この中で、五大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミン)をバランスよくとりましょう。にんじん、にらなど、体をあたためる食材もぜひ。

4) 規則正しい生活で睡眠をたっぷりとりましょう
健康を保つためにも、免疫力を下げないためにも、規則正しい生活を心がけましょう。
特に、起床・就寝時間は決めておき、睡眠時間を毎日しっかり確保すること。
理想は8時間以上ですが、無理なら日中に運動などで体を使い、深い睡眠をとるように工夫しましょう。

5) マスク、うがい、手洗いは毎日忘れずに
マスクの着用は習慣化してください。
出先から帰ったらすぐにうがいと手洗いを。
ウイルスは人から人へうつるといいましたが、マスクはくしゃみや唾などによる感染予防に、うがい・手洗いはのどや手指などに付着したウイルスを除去するために大切です。

6) 防寒対策をして、暖かくすごしましょう
体をあたためて、血液循環をよくすると、免疫力の低下を防ぐことができます。
特に風邪・インフルエンザがはやりやすい冬の時季は、体が冷えがち。
妊娠中は末端まで血液が届きにくくなりますので、防寒対策をしっかりと。


予防に完璧を期したいママや、日ごろから風邪をひきやすいママには、「にんにく」による体力アップをおすすめします。

スタミナ食である"にんにく"と"卵黄"の良さを、ギュッとカプセルに詰めた、にんにく健康補助食品「やずやの雪待にんにく卵黄」が評判です。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0