*iphone アプリ 開発 *ホームページ制作

妊娠中の風邪は怖いですね。風邪・インフルエンザの予防法について、私の経験をまとめてみました。

妊娠中に風邪薬は飲めるの?

市販の薬は飲まないほうがよい


病院によっては、妊娠中の人のための漢方薬で、咳や炎症などを沈めることもあるそうですが、漢方薬も妊婦の身体にはあまり好ましくないという医師もいるようです。

妊娠初期の場合、風邪と似た症状があるため間違えて風邪薬を飲んでしまう妊婦さんも多いようです。
あとから妊娠していたことに気づいて、心配する人もいますが、こういうケースで赤ちゃんが奇形になる可能性は自然に奇形になる可能性にプラス1~2%程度だといわれています。
あまり気にしすぎないほうがよさそうです。

妊娠中に市販の薬は絶対に飲まない方がよいですから、とりあえず産婦人科にいき、医師の指示に従うのが一番安心です。


市販の風邪薬と病院で処方される風邪薬はどう違うの?

市販の風邪薬は、どんな人が飲むかはっきりしていないため、効き目が穏やかになっています。
一方、医師が出す薬は、患者の症状や状態に合わせて処方されますから、安全で効果が高いと言えます。

 妊婦さんの場合、妊娠週数によって飲んではいけない薬があったり、妊娠の状態もひとり一人違いますから、経験的によくわかっている産婦人科で出される薬は「そのときに必要な薬」なのです。

 また病院では、風邪から気管支炎や肺炎などの二次感染を起こさないために抗生剤を処方することがありますが、これは薬局では売られていません。
もちろん妊婦さんが飲んでも安心な種類の抗生剤を選んで処方しています。
成分がはっきりわからない市販薬をわざわざ買い求めるなら、処方された薬の方が安心です。

 風邪だと思っていたら、実は違う病気だったなんていう笑えないこともあるのです。
いずれにしても早めに産婦人科の専門医に受診されることが風邪を長引かせないポイントです。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0